ソリューションメニュー

企業向けトークナイゼーション・暗号化ソリューション:SecurDPS

SecurDPS banner

トークナイゼーション技術

トークナイゼーションとは、機密データをトークンと呼ばれる疑似データに置き換えることによって、権限のないデータ読み取りから機密情報を保護するセキュリティ機能です。

生成されるトークンはトークナイゼーションエンジン毎に固有の値となるため、機密データへの復号は生成したエンジンによってのみ可能です。従って、データを外部に持ち出し別のトークナイゼーションエンジンを適用しても復号する事は出来ません。また、何らかの計算処理によってトークンを復号することも出来ません。

トークナイゼーションエンジンは、権限を与えられたユーザやアプリケーションに対しトークンの復号を許可します。権限のないユーザやアプリケーションはトークン化された機密データの元の値を参照することはできません。

トークナイゼーション技術は、データ置き換えという単純な仕組みながら、機密データの不正な読み取り、データの外部への持ち出し・漏洩に対し強固な情報保護が可能であるという優れた利点を持っています。

SecurDPSのトークナイゼーション技術の特徴

comforte社独自技術のトークナイゼーションエンジン

※SecurDPS は、comForte AGの商標です。
その他の会社名、製品名は各社の商標または登録商標である場合があります。


お問合せ

問い合わせ・資料請求

電話でのお問い合わせ

ソリューション&
インテグレーション事業部

03-5730-8870

受付時間:平日9:00〜17:00