Dialogic® Brooktrout® FAXソリューション

企業やサービスプロバイダの FAXインフラ刷新のニーズに応える Fax-over-IP (FoIP) エンジンソフトウェアとインテリジェントなFAXボード

Dialogicは長年に渡り高い信頼性と性能を誇るFAX技術を全世界のユーザに提供し続けています。その20年以上の実績を持つBrooktrout® T.30スタックは最新のFoIP (Fax over IP)製品にも継承されており、企業のFAXインフラを刷新しIP化する場合においても、信頼性の高いサービスの構築とスムーズな移行を可能にします。
Dialogicは、FoIP対応製品としてサーバで稼働するFAXソフトウェアに加え、実績ある各種FAXボードも変わらずにご提供します。
お客様はビジネス要件や適用環境に合わせて最適なソリューションを選択していただく事ができます。

Dialogic FAX製品

Brooktrout SR140 Fax ソフトウェア

SR140

Dialogic® Brooktrout® SR140 FAX ソフトウェアは、FAXサーバやFAXドキュメント管理ソリューションをVoIPネットワークに統合させる Fax over IP (FoIP) 機能を提供します。Brooktrout SR140は、Dialogic® Brooktrout® FAXボードと同様の高いレベルの性能、信頼性、拡張性を実現しています

Brooktrout TR1034 Fax ボード

TR1034

Dialogic® Brooktrout® TR1034 FAXボードは、TDM環境にFAX機能を提供する高性能のインテリジェントなFAXボードです。Brooktrout TR1034は様々なネットワークベースのFAXアプリケーションから利用する事ができます

FoIP (Fax over IP)構成例

T.38プロトコルによるFAX over IP

Brooktrout® SR140によるFoIPの構成例です。SR140はアプリケーションサーバから送られたデータをインターネットを経由しFAX端末に出力しています。相手エンドポイントのメディアゲートウェイによりリアルタイムのT.38/T.30変換が行われます。この構成では、T.38によりWAN経由の場合でも高品質なFAXデータ転送が可能になります。

図1. Dialogic® Brooktrout® FAX over IP Dialogic Brooktrout FAX over IP, 実装例

T.38 Internet Aware Fax

Brooktrout® SR140によるIAF (Internet Aware Fax)の構成例です。SR140は相手エンドポイントのT.38対応FAXサーバ(SR140)とWAN/Internetを経由し高速なFAXデータ送受信を行います。この構成では、T.38-IAFによる高品質かつ高速なインターネット経由のFAX送受信が可能となります。

図2. Dialogic® Brooktrout® T.38 Internet Aware Fax Dialogic Brooktrout FAX over IP, Internet Aware Fax

このページのTOPへ ▲

Dialogic® Brooktrout® SR140 Fax ソフトウェア

ホストベースのFax over IP (FoIP) エンジンであるDialogic® Brooktrout® SR140 Faxソフトウェアは、業界最高レベルのBrooktrout® FAXハードウェア製品のもつ能力をソフトウェアベースのソリューションに実装したものです。FAXミドルウェア製品であるSR140は、ドキュメント管理、FAXサーバ、ビジネスプロセス自動化ソリューション等の企業の様々なシステムと容易に連携し、ソリューションの付加価値向上やビジネスの効率化を実現することができます。ソフトウェアベースのソリューションであるため、仮想化やクラウドベースの環境へ容易に移行し、高い可用性と拡張性の高いプラットフォームやサービスを構築することができます

長い実績と高い信頼性を誇るDialogic® Brooktrout® T.30 FAXデータストリーム

DialogicのT.30スタックは高い信頼性と効率的なFAX処理が市場で評価され、全世界での20年以上にわたる実績を持っています。現在も新たなFAX装置との相互運用性を確認し製品を継続的に向上させています

G.711 FAXパススルー(音声みなし方式)

G.711パススルー(音声みなし方式)のFAX伝送をサポート。T.38をサポートしていないIPネットワークでのFoIPを可能にします

T.38およびG.711でV.34の転送速度を提供

V.34により最大33.6KbpsでのFAX処理を可能とし、通話時間の短縮によるコスト削減を実現します

T.38 Internet Aware Fax (IAF) over UDP

IAFとは、ITU-T T.38 勧告で定義されたオールIPネットワーク上のFoIPエンドポイント間でFAXをリアルタイム送信する方式。TDMやG.711、モデムに由来する速度の制約から解放され、FAXデータの高速通信が可能となります

格別に低いCPU使用

効率的かつ高性能なホストベースのFAX処理を行い、サーバ上の他のアプリケーションへの処理能力を残します

ネットワーク品質測定値を収集するAPIをサポート

IPネットワーク等の下位通信路のネットワーク品質がFAXサービスの提供に適しているか判断するのに役立ちます

音声の再生・録音とDTMFの検知と生成

IVRやコールセンターのシステムへのFAX機能を統合することができ、顧客満足度の向上につながります

サーバ仮想化をサポート

FAXサーバアプリケーションを主要なサーバ仮想化プラットフォーム上の仮想マシンとして展開可能。データセンターの効率化とミッションクリティカルなFAXアプリケーションへのフェイルオーバ機能を提供することができます

TDMとIP共通のAPI

全てのBrooktrout FAX製品で使用されている Dialogic® Brooktrout® Bfv APIをサポート。Bfv API を使用したFAXアプリケーションは、SR140だけでなく Dialogic® Brooktrout® TR1034 FAXボードでもそのまま使用することができます。

このページのTOPへ ▲

Dialogic® Brooktrout® TR1034 FAXボード

Dialogic® Brooktrout® TR1034 FAX ボードは、TDM(アナログ、DID、BRI、T1/PRI、E1/PRI)ベースのFAX機能を提供する高性能でインテリジェントなFAXボードです。TR1034のインバウンドFAXルーティング機能は、ドキュメント管理、ビジネスプロセス自動化などの多くのコンピュータベースのFAXアプリケーションに適合します。TR1034は、Dialogic Media Gateway製品のみならずCisco, Avaya, Nortel, Alcatel-Lucent等のベンダーのIP-PBXおよびゲートウェイ装置との相互運用試験を済ませています。

強力なメディア処理専用DSP

システム全体の性能を損なうことなく、専用プロセッサで複雑な処理(V.34 FAXの受信と送信、音声圧縮、エコーキャンセル等)のリアルタイム処理を提供

アナログ、DID、BRI、T1/PRI、E1/PRIインターフェイスをサポート

お客様の多様なネットワーク構成をサポートする幅広いラインナップ

ミッションクリティカルなFAX環境用のV.34 FAX標準に準拠

V.34 をサポートし最大 33.6Kbpsの速度でFAX処理が可能

特許技術のインバウンドFAXルーティング機能

FAXサーバ、FAX-to-Email、ユニファイドメッセージング、FAXドキュメント管理、ワークフローとドキュメント配布など多様なシステムとの連携可能

現場で実証済みのT.30およびT.38の実装

高い可用性と共に確実なFAX配信を実現

主要PSTNおよびVoIPゲートウェイ、IP-PBX装置との継続的な相互接続試験

Brooktrout® TR1034との相互動作検証済みの装置を幅広く選択可能

このページのTOPへ ▲

弊社取扱いDialogic社製品

高性能&高機能ハイエンドSBC
BorderNet 4000 セッションボーダコントローラ

Dialogic BN400 セッションボーダコントローラ


※Dialogic, Brooktrout はDialogic Inc. の登録商標です。BorderNet、PowerMedia はDialogic Inc.の商標です。
その他の会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

お問合せ

問い合わせ・資料請求

電話でのお問い合わせ

ソリューション&
インテグレーション事業部

03-5730-8870

受付時間:平日9:00〜17:00