ソリューションメニュー

Striimのユースケース

Striim banner

Striimの技術ソリューションとそのユースケース

Striimは包括的なストリーミングデータ統合機能と高速なインメモリ分析機能を備えており、様々なビジネス要件に対応するデータ駆動型アプリケーションを構築することができます。Striimの主な活用事例をご紹介します。

リアルタイムデータ統合

今日のビジネス環境では「スピードと正確性」に対するお客様の期待が極めて高く、リアルタイム・データへのアクセスは最も求められる機能のひとつとなっています。
Striimは、様々なデータソースからオンプレミスやクラウドを問わずほぼあらゆるターゲットにリアルタイムでデータを移動させることが出来ます。データベース、ログファイル、センサー、メッセージキュー等のデータソースから継続的にデータを収集し、インメモリで必要なデータ加工処理を施し、データをターゲットにリアルタイムで配信することができます。

ハイブリッドクラウド環境の構築

Hibrid-Cloud Integration

ハイブリッドクラウドは、企業のオンプレミスIT資産、プライベートおよびパブリッククラウドを、各々の利点を活かしつつ自社に最適な構成で組み合わせ、ひとつのITインフラ基盤として利用する考え方です。Striimはオンプレミスの様々なデータソースとクラウド間、および複数のクラウド間でリアルタイムのデータ統合を行うことができるため、企業のハイブリッドクラウド環境の構築と運用に大いに役立ちます。
また、StriimはオンプレミスだけでなくAWSやAzureのクラウド上で稼働させることも可能です。

ODSへのリアルタイムデータ統合

ODS Integration

ODS(Operational Data Source)は、業務データベースの処理をオフロードする目的で用意されるレポーティング・分析作業用データベースです。通常ODSへのデータ供給は夜間のバッチ処理で行われます。
Striimを利用すると、低負荷のCDC機能によって業務データベースで発生した更新データをリアルタイムにODSに供給することができます。またDB以外のデータソースのリアルタイムデータ供給も可能です。Striimのデータ統合機能により、リアルタイムデータを用いたより価値の高いレポーティングや分析作業が可能になります。

ページ先頭に戻る↑

パターンと異常の検知

今日、さまざまなソースから高速で大量のデータが連続的に生成されています。このような高速データがタイムリーに分析されないと、ビジネスに悪影響を及ぼす重要なイベントの発生や、収益を向上させる好機の到来を見過ごすことになります。
Striimは、ストリーミングデータからパターンや異常を即時に検出しアクションを実行できるストリーミング分析機能を提供します。 エンド・ユーザーは、マルチソース相関、パターン・マッチング、予測分析などの統計処理機能を備えたStriimの柔軟なタイムウィンドウを用いることで、異常やパターンを検出する複雑な要件をサポートするアプリケーションを容易に構築することができます。

不正取引の検知と防止

Fraud Detection

Striimプラットフォームは、金融サービスにおいて関連するデータが生成されると即座に分析を実行し、不正の可能性のある取引を検知する事が出来ます。分析結果はアラート出力と共にダッシュボード上にリアルタイムに表示されるため、アナリストの正確な調査と不正取引を防止するアクションをすぐに実行することができます。
Striimは柔軟かつ強力なリアルタイム分析機能を備えているため、Striimを使用することで金融ビジネスのリスクを最小化できるだけでなく、不審な取引に関する調査作業全体を合理化しアナリストチームの生産性を向上させます。

リアルタイムのマーケティング提案

Realtime Marketing

Striimプラットフォームにより、企業は顧客の購買行動と位置情報のリアルタイムデータを収集・分析し、購買履歴情報を紐づけすることで、どの製品やサービスを購入する傾向が高いかを判定するパターンチェックを行うことができます。このタイムリーな洞察により、Striimは即座にワークフローを起動し、顧客がビジネスから離れてしまう前に顧客に最適のオファーを提示することができます。
Striimのリアルタイム分析機能によって、企業はターゲットを絞ったタイムリーなオファーで顧客満足度を向上させ、より多くの収益を生み出すことが可能になります。

ページ先頭に戻る↑

リアルタイムメトリクスの作成と監視

Striimプラットフォームは、ユーザがビジネスの現状を把握し制御するためのリアルタイムメトリクスを作成・監視することを可能にします。Striimを使用すると、エンドユーザーはデータソースから継続的に得られるデータにタイムウィンドウを用いた計算・統計処理を適用し、高度でありながら変更しやすいメトリクスを作成することができます。Striimのストリーミングデータ統合・分析機能とインメモリ処理によって、新しいデータが到着する度にメトリクスはリアルタイムで更新されます。さまざまなデータソースを使用してカスタマイズされたメトリクスを設定することで、Striimユーザーは、新たなトレンドの発生を即座に把握し、重大な問題の発生やビジネスの好機到来を見逃してしまう前に、プロアクティブな対応に取り組むことができます。

トランザクションの監視

Transaction Monitoring

金融サービス企業は、顧客の取引が1日を通して適切に処理されている事を綿密に監視することにより、高品質なサービスの提供と継続的な収益の向上を確保する事ができます。企業は、ダッシュボード上に地域やメトリクス(承認率や拒否率など)毎のトランザクション量をリアルタイムで表示する事により、顧客のSLAに影響する処理遅延や停止の発生を即座に検出することができます。このようなタイムリーな情報によって、サービスに大きな影響を及ぼす前に発生した問題が解決することができます。アナリストはビジネス要件の変化に応じてメトリクスとダッシュボードを簡単に変更することができます。

データベースレプリケーションの監視

Replication Monitoring

StriimのCDC(Change Data Capture)およびストリーミング機能により、レプリケーション環境で信頼性の高いデータ検証を容易に行うことができます。プライマリ・システムで実行されたデータ更新に対しセカンダリ・システムで時間枠内にコミットが行われない場合、トランザクションにフラグが付けられ、アラートが作成されます。 Striimはレプリケーションの速度とデータ量を追跡し続け、パフォーマンスの低下を検知し障害発生によるデータの損失を防ぐことができます。従来のレプリケーション監視ソリューションとは異なり、ITチームはStriimでプロアクティブに障害の発生を事前に予測できます。

ページ先頭に戻る↑

※Striimは、Striim Inc.の商標または登録商標です。
その他の会社名、製品名は各社の商標または登録商標である場合があります。


お問合せ

問い合わせ・資料請求

電話でのお問い合わせ

ソリューション&
インテグレーション事業部

03-5730-8870

受付時間:平日9:00〜17:00