ソリューションメニュー

NonStop サーバー大規模システム向け高機能ジョブ管理ソリューショサーバ向け大規模ジョブ管理ソリューション:JobScheduler for MPP

JobScheduler For MPP banner

HPE NonStop サーバー大規模システム向け高機能ジョブ管理ソリューション

JobScheduler for MPP(以下、ジョブスケジューラ) はHPE NonStop サーバー向けのジョブ運用管理ソリューションです。オンライントランザクション処理が中心のNonStop サーバーにおいても大規模システムの適用業務のジョブ管理は重要であり、その運用は複雑となります。ジョブスケジューラはこのような大規模システム向けのジョブ管理ソリューションとして開発されました。

製品の特長

大規模システムに対応した高い信頼性と性能を実現

  • CPUの自動選択による自動負荷分散
  • マルチスレッド自動制御による同時並行処理
  • CPU障害やソフトウェア障害発生時の自動リカバリ機能
  • マルチノードシステムにおいて他ノードを意識せずシングルシステムとして運用することが可能

様々な条件でのジョブ起動を可能とし多様な業務用件に柔軟に対応

JobScheduler for MPPは、業務カレンダのスケジュールに基づいたジョブの実行を基本とし、さらに以下の様な複数のジョブ起動方法を備えています。 また、繰り返し指定、時間帯指定、複数の条件判定などジョブの実行条件を詳細に制御することができ、お客様の業務要件に柔軟に対応したバッチ処理を構成する事ができます。

時刻起動

業務カレンダーを基に、指定した日付・時刻にジョブを実行するスケジュール実行

Que登録契機起動

アプリケーションがQueファイルへ情報を登録することによるジョブ実行。業務アプリケーションとの連携

先行ジョブ契機起動

先行ジョブとして設定したジョブの終了を契機としたジョブ実行。先行/後続ジョブの定義により、ジョブの実行フローを構成することができます

オペレータ指定起動

オペレータ操作によるオンデマンドのジョブの実行(随時/即時実行、強制実行、再実行)

ジョブステップによるバッチプログラムの実行フロー定義

JobScheduler for MPPは、ジョブステップによりジョブの中でのプログラムの実行フローを構成する事ができます。ジョブステップはプログラムの実行順に定義し、同時に実行できるプログラムを一つのジョブステップにまとめます。ジョブが起動されると、ジョブステップが定義順に逐次実行されます。

その他の製品特長

  • 業務用件に合わせた柔軟なカレンダー設定(休業日、例外的休業日、運休日など)が可能
  • ジョブ情報をMicrosoft Excelシートでバッチ登録する事ができる一括メンテナンス機能
  • ノード間連携機能により、マルチノード間でのジョブ・スケジュール定義の共有、同期が可能

システム運用管理ソフトウェアJP1との連携機能

JobScheduler for MPPは、国内標準の統合システム管理製品日立JP1との連携を可能とする「JP1連携機能」を備えています。JP1連携機能により、JP1でのEMSログの統合監視と、JP1/ジョブスケジューラ双方向のジョブ起動が可能になります。

EMSログ連携機能

NonStop サーバー上で発生したEMSログをJP1イベント監視画面にイベントとして表示する事が可能

NonStop サーバージョブ起動機能

JP1のバッチジョブ投入機能を利用してジョブスケジューラに登録されたジョブを起動し、実行状況や結果をJP1画面で確認可能

JP1ジョブ起動機能

JP1に登録されているジョブをジョブジョブスケジューラから起動し、実行状況や結果をジョブスケジューラで確認可能

(注)HITACHI、JP1は、株式会社 日立製作所の商標または登録商標です。

JobScheduler for MPPのシステム要件

HPE NonStop サーバー

H06 以降、J06以降

必要製品

NonStop SQL/MP, TM/MP, TS/MP, VHS, ENABLE

JP1連携機能

JP1必要製品

  • JP1/Base
  • JP1/Integrated Management
  • JP1/Automatic Job Management System

JP1の対応バージョン等詳しくはお問い合わせください

このページのTOPへ↑


お問合せ

問い合わせ・資料請求

電話でのお問い合わせ

ソリューション&
インテグレーション事業部

03-5730-8870

受付時間:平日9:00〜17:00