ソリューションメニュー

NSGit - git for Guardian

NSGit banner

gitバージョン管理システムをGuardian開発環境で利用可能に

NSGitは、HPE NonStopサーバーのGuardian環境をオープンシステムのGIT環境に統合させるフロントエンド・クライアントツールです。NSGitを導入することによりGuardian開発者がgitベースのバージョン管理および分散開発を行うことが可能となります。さらにNSGitはgitの機能を基にしたNonStopサーバーへのソフトウェアリリース管理機能も提供します。

NSGit - git for guardian

NSGitは独立したgit互換のバージョン管理システムではありません。NSGitは、OSS環境に作られるgitローカルレポジトリのフロントエンドとして動作するgitクライアントツールです。Guardian開発者はTACLからgitと同様のコマンドを投入し、自身の開発環境のEnscribeファイルに対しgit操作を実行することができます。
分散開発の中央レポジトリとして企業内のGitサーバーまたはGitHubの様なホスティングサービスを利用すると、Guardian開発リソースをオープンなGitエコシステムの様々なツールで管理することができます。

nsgit-image

NSGitの導入メリット

  • NonStop Guardian環境でGitベースの分散開発が可能に
  • Guardian環境の開発リソースを企業のgitレポジトリサーバーで管理可能に
  • Guardian環境へのソフトウェアリリース管理機能

NSGitの主な機能

Guardian開発環境の多様なファイルをgitで管理可能に

Guardian開発環境には、ソースやオブジェクトファイルの他に各種オベイファイルやDDL、PATHWAY環境などプロジェクト毎に様々なファイルが存在します。NSGitによりそれらの多様なファイルをgitレポジトリで管理することができます。

  • 各種ソースやオベイファイル等のEDIT形式ファイル
  • DDLディクショナリやテーブル等のEnscribe構造化ファイル
  • オブジェクト等のEnscribe非構造化ファイル
  • SCREEN COBOL POBJファイル

※SQL/MPテーブルに関しては、NSGitの専用ユーティリティによりSQL DDL/DML文を生成し、テキストファイルとしてgitで管理する事が出来ます。

Enscribeファイル属性の保持

NSGitは、gitの追跡対象となるEnscribeファイル毎にOSS上に2種類のファイル(データファイルとメタデータファイル)を作成します。データファイルにはファイルのデータが、メタデータファイルには対象のEnscribeファイル属性が記録されます。後にファイルがレポジトリからGuardian環境へ取り出される際、NSGitはメタデータを用いてオリジナルと同じ属性でEnscribeファイルを作成します。

ソフトウェアのリリース管理

NSGitは商用環境への安全なソフトウェアリリースを支援する機能を備えています。
NSGitは、gitローカルレポジトリからGuardian環境へのファイルの展開処理をスクリプトによって制御する事ができます。バージョン毎の配布対象ファイルをスクリプトに明記することで、不要なファイルの展開を防ぎ必要なファイルのみを商用環境に配布できます。また、フォールバックを行う場合も同様にスクリプトに記述することでファイルを適切に復元することができます。

NSGitのシステム要件

HPE NonStop サーバー

  • H06.26 以降
  • J06.21 以降
  • L17.08 以降

HPE NonStop Server
必要ソフトウェア

Open System Services

  • openssh (*1) 又は NonStop SSH
  • git (*1)
  • libcrypto.so (*1)

(*1) HPE ITUGLIB "Open Source Library"で配布

※NSGitは、Nexbridge, Inc.の商標または登録商標です。その他記載されている会社名や製品名は各社の商標または登録商標である場合があります。


お問合せ

問い合わせ・資料請求

電話でのお問い合わせ

ソリューション&
インテグレーション事業部

03-5730-8870

受付時間:平日9:00〜17:00