ソリューションメニュー

データベース移行支援サービス:Smarts

Smarts banner

Smarts データベース移行支援サービスは、データベースおよびシステム移行プロジェクトでデータベースおよびアプリケーションを変換するプロフェッショナルサービスです。技術面・コスト面で難易度が高いとされるデータベース移行プロジェクトのリスクと作業コストを大幅に削減し、お客様の移行プロジェクトを成功に導きます。

Smarts データベース移行支援サービスの特徴

Any-to-Anyのデータベース変換

企業利用のあらゆる
データベースを変換

主要なデータベース間の変換・移行サービスをご提供。Oracle, SQL Server, IBM DB2, 日立HiRDB, Teradata, Greenplum, SAP HANA, PostgreSQL, MySQLなど、幅広いデータベースの種類とバージョンをサポートし、お客様のデータベース移行をご支援します

ソースtoソースの変換サービス

ソース to ソースの
変換サービス

お客様の現行データベースのSQL資産(含むアプリケーション)をソースで頂き、移行先データベース向けに変換したSQL資産をソースでお返しします。変換作業でお客様の現行システムに影響を与えません

アプリケーションも同時に変換

データベースと同時にアプリケーションも変換

異種データベースへの移行で特に問題になるのはアプリケーションの修正作業。Smartsサービスではデータベース本体だけでなく、データベースを利用するアプリケーションも同時に変換し、データベース変更に伴うシステム移行を容易にします

ほぼ100%の変換

高品質・短納期・低価格ほぼ100%の変換

データベース変換ツールSQLWaysによる自動化処理と、専門技術者による高度な変換作業の組合せで、ほぼ100%の変換を実現。
弊社技術者とオフショアの連携による、日本品質・短納期・低価格の変換サービスをご提供

ページ先頭に戻る↑

様々なデータベース移行の案件に対応。Smarts サービスの適用例

1. レガシーデータベースからの移行

レガシーデータベースからの移行

課題:現行のデータベースが古く、知識を持つ技術者がいないため移行が困難

お客様の移行プロジェクトに高価な外部の専門技術者やコンサルを招聘する必要はありません。長年のデータベース移行のノウハウを持つ私たちのサービスにお任せください。
Smartsデータベース移行支援サービスでは、主要なデータベースとバージョンに幅広く対応しており、現行のレガシーデータベースから各社の最新版のデータベースへの変換サービスをご提供します。

2. 同一データベースのバージョンアップ

データベースのバージョンアップ

課題:バージョンアップに要する社内リソースの使用を抑えたい

バージョンアップは一般的にベンダ提供のガイドやツールを利用して行いますが、技術の習得や調査に想定以上の工数とコストがかかる場合があります。
Smartsでは、データベース本体とそのアプリケーションを一括して変換するため、お客様は面倒な変換作業に煩わされる事無く、バージョンアップ後のデータベースでの業務(確認)試験に専念していだたくことができます。

3. 異なるデータベースへの移行

異なるデータベースへの移行

課題:アプリケーションの修正量が増大

異なるデータベースへの移行は一般的に難易度の高い作業です。特にアプリケーションの種類と数が増えるほど変換作業とその品質の確保が困難になり、後続の試験作業が増大することになります。
Smartsデータベース移行支援サービスでは、経験豊富なデータベース移行専門技術者が変換ツールSQLWaysによる自動化変換作業を行い、大量の変換ソースの場合でも比較的短い工期で高い品質を維持した変換を行う事が可能です。

ページ先頭に戻る↑


お問合せ

※SQLWaysは Ispirer Systems Ltd.の商標です。その他の製品名・サービス名は各社の商標または登録商標です

問い合わせ・資料請求

電話でのお問い合わせ

ソリューション&
インテグレーション事業部

03-5730-8870

受付時間:平日9:00〜17:00