ソリューションメニュー

データレプリケーション&インテグレーションソフトウェア:Shadowbase

gravic shadowbase software

Shadowbaseデータレプリケーション機能

Shadowbaseデータ連携機能

データによるアプリケーション連携・システム統合

Shadowbaseはデータベースの変更を検知しリアルタイムで外部システムのアプリケーションに通知することができます。Shadowbaseがソースシステムで取得した変更データはターゲットシステムに送信され、イベントとしてターゲットアプリケーションに渡されます。

shadowbase appliaction integration

連携先アプリケーションのコード修正は不要

Shadowbaseは通知先のアプリケーションに合わせたイベント送信処理を行う事ができます。Shadowbaseが提供するユーザExitに対象アプリケーション向けのデータ形式やイベント送信のカスタム処理ロジックを記述する事により、既存アプリケーションのコード修正を行う事なくデータ連携が可能となります。
Shadowbaseからアプリケーションへのイベントの送信方法としては以下の様なものがあります

  • ファイル経由の受け渡し
  • メッセージングミドルウェアのキュー
  • TCP/IPベースのメッセージ送信
  • イベント通知用のライブラリAPI呼出し など

ページ先頭に戻る↑

※Shadowbase®は、Gravic Inc. の登録商標です。
その他の会社名、製品名は各社の商標または登録商標である場合があります。


お問合せ

問い合わせ・資料請求

電話でのお問い合わせ

ソリューション&
インテグレーション事業部

03-5730-8870

受付時間:平日9:00〜17:00