ソリューションメニュー

データレプリケーション&インテグレーションソフトウェア:Shadowbase

gravic shadowbase software

Shadowbaseデータレプリケーション機能

Shadowbaseデータレプリケーション機能

異機種混合環境データレプリケーション

HPE NonStop サーバーおよびオープンシステム間およびそれらの混在環境での同種・異種データベース間のレプリケーションをサポートします 。
複数ノード間でのレプリケーションは1対1、1対多、多対1、多対多などシステム要件に応じた柔軟な構成が可能です。

shadowbase-image2

Shadowbase 異機種混合環境サポート

双方向レプリケーション

Shadowbaseは複数ノードがActiveに稼働するシステム間での「双方向データレプリケーション」が可能です。
Active-Active環境下のレプリケーションによるトランザクションループの発生防止機能(Gravic社特許)、および複数ノードの同時更新により起こりえるデータ更新の衝突(コリジョン)の解決機能を備えています。さらにユーザ処理出口にユーザ独自のコリジョン解決ロジックを実装する事もできます。

遅延監視機能

Shadowbaseはレプリケーション処理の遅延状況の把握・警告機能を備えています。ソースDBで発生した更新データがターゲットに反映されるまでの時間を監視し、閾値を超えた場合にはイベントメッセージを生成し管理者に通知する事が可能です。

非リレーショナル・リレーショナルレプリケーション

Shadowbaseは非リレーショナル型データベースからSQLデータベースへのレプリケーション(例 Enscribe to SQL)をサポートしています。非リレーショナル型テーブルからリレーショナルへのマッピング定義を行うことにより、構造の異なるテーブル間でのレプリケーションが可能です。

ファジーレプリケーション

レプリケーション時にソースとターゲットのデータが不整合の場合、エラーとせずソースデータに合わせてレプリケーションを反映するオプション機能です。

データ変換機能

Shadowbaseは異なるスキーマを持つデータベース間でのレプリケーションを実現するため以下のデータ変換・マッピング機能を用意しています。

ユーザExit

ユーザはShadowbaseが提供するAPIライブラリを使用しユーザExitとしてユーザ作成のカスタムロジックを追加する事ができます。ユーザExitではデータの変換・編集、マッピング、外部ファイルIO等を実行でき、個々のデータ処理だけでなくレプリケーション処理全体のカスタマイズが可能です。

マッピングスクリプト

ユーザはレプリケーション処理におけるデータのフィルタ、編集、マッピングの定義をデータマッピングスクリプトとして記述し、Shadowbaseのレプリケーション処理に反映させる事ができます。

ページ先頭に戻る↑

※Shadowbase®は、Gravic Inc. の登録商標です。
その他の会社名、製品名は各社の商標または登録商標である場合があります。


お問合せ

問い合わせ・資料請求

電話でのお問い合わせ

ソリューション&
インテグレーション事業部

03-5730-8870

受付時間:平日9:00〜17:00