ソリューションメニュー

トークナイゼーション・暗号化ソリューション:SecurDPS-トークナイゼーションエンジン

securDPSバナー

SecurDPS トークナイゼーションエンジンの特徴

導入時にアプリケーションの修正不要、アプリケーション透過なトークナイゼーション

SecurDPSの導入による現行の業務アプリケーションのコードの変更は一切不要です。SecurDPSのトークナイゼーション処理はアプリケーションに透過的に実行されます。機密データにアクセスするアプリケーションにSecurDPSのインターセプトライブラリをリンクすることにより、各プログラムが実行するファイルI/Oはライブラリでキャプチャされ、自動的に機密データのトークナイズ/復号処理が行われます。
また、SecurDPSはトークナイズ/暗号化を行う専用のAPIライブラリも提供しており、ユーザはAPIライブラリを使用したカスタムアプリケーションを開発する事もできます。

アプリケーション透過のトークナイゼーション

オンメモリ処理による高速なインデックストークン技術

トークンと機密データのセットはトークン管理庫(Token Vault)に暗号化され格納されています。
NonStop サーバーの全てのCPU上で常駐プロセスとして稼働するSecurDPSマネージャは、起動時にトークン管理庫のデータを読み出し自身のメモリ上に展開します。それ以降、トークンと機密データの変換はオンメモリのデータを用いて高速に処理されます。
SecurDPSのインデックストークン技術は、第三者のセキュリティ専門家による検証済みのcomForte社独自(特許取得)技術です。

オンメモリのトークナイゼーション処理

アプリケーションの起動条件も検査する粒度の高いアクセス制御

SecurDPSは、機密データへの不正アクセスのリスクを軽減する粒度の高いアクセス制御を提供します。アクセス認可条件として、実行ユーザや親プロセスなどアプリケーションの稼働環境を詳細に指定することができます。これにより例え正式なアプリケーションであっても、あらかじめ設定された条件と異なる環境で起動された場合には機密データへのアクセスは許可されません。

粒度の高いアクセス制御

※SafePoint, PANfinder は、comForte 21 GmbH の商標または登録商標です。
その他の会社名、製品名は各社の商標または登録商標である場合があります。


お問合せ

問い合わせ・資料請求

電話でのお問い合わせ

ソリューション&
インテグレーション事業部

03-5730-8870

受付時間:平日9:00〜17:00