ソリューションメニュー

NonStop サーバー上のREST Webサービス実装:LightWave

lightwave banner

NonStop サーバー上にRESTクライアント/サーバー機能を実装し、外部サービス/アプリケーションとのWEB API連携を可能とするミドルウェア

インターネット経由の企業間アプリケーション連携は、従来のSOAPによるウェブサービスに代わり、より単純なHTTPベースのプロトコルでアプリケーションを呼び出すWeb APIの利用が主流となっています。Web APIは、外部アプリケーションの機能利用にとどまらず、自社サービスの一部として外部サービスを利用するサービス連携の方法としても広く使われるようになっています。
LightWave Client™と LightWave Server™は、NonStop サーバー上のアプリケーションにWeb API機能を提供するミドルウェア製品です。LightWave製品を導入することにより、企業はNonStop サーバー上の情報資産を活しつつ外部のアプリケーション・サービスとの連携を強化することが可能になります。

LightWave Client/Serverの適用用途

 社内アプリケーションとの容易な連携
Web APIを実装することにより、NonStop アプリケーションが社内のアプリケーション/システムと容易に連携可能に
 NonStop サーバーから外部ウェブサービスの利用
NonStop アプリケーションが外部のウェブサービス(例:株価や為替などのリアルタイム情報取得)を利用する事が可能に
  NonStop サーバーのアプリケーションをRESTサービスとして公開
NonStop アプリケーションを標準的なWeb APIで公開することにより、モバイルアプリ等の多様なクライアントがNonStop アプリケーションを利用することが可能に
LightWave概要図

LightWave Server

LightWave Serverは、NonStop サーバー上のサーバープロセスをRESTウェブサービス化するミドルウェアです。任意のプラットフォーム上のクライアントはLightWave Serverによって、NonStop アプリケーションをWeb APIで呼び出すことができます。
LightWave Serverは、クライアントとやり取りするJSONメッセージと、NonStop上のサーバーのプロセス間通信メッセージ(IPM)の間で相互変換を行います。そのため、LightWave Serverによるウェブサービス化において、NonStop上の既存サーバーアプリケーションのコード変更は一切不要です。

LightWave Client

LightWave Clientは、NonStop サーバー上のクライアントアプリケーションが外部のWeb サービスを呼び出す事を可能にするミドルウェアです。
LightWave Clientは、NonStopクライアントの要求IPMを対象のウェブサービス向けのJSON要求メッセージに変換し、応答JSONメッセージを応答IPMに変換してクライアントに返します。NonStop上のアプリケーションは、ウェブサービス呼び出しに伴う複雑な処理を意識することなく、LightWave Clientとの間でIPMを送受信するだけで外部ウェブサービスを利用する事が可能になります。

LightWave Console

LightWave Consoleは、LightWave ServerおよびClientの管理GUIです。Chrome等のモダンブラウザで動作し、LightWave製品の稼働状態表示、Web API設計機能、各種情報表示機能などを提供します。

LightWave Client/Serverのサポート環境

HPE NonStop Server

  • Hシリーズ:H06.09以降
  • Jシリーズ:J06.03以降
  • Lシリーズ:L15.08以降

※LightWave Client および LightWave Serverは、NuWave Technologies, Inc.の商標です。
その他の会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標である場合があります。


お問合せ

問い合わせ・資料請求

電話でのお問い合わせ

ソリューション&
インテグレーション事業部

03-5730-8870

受付時間:平日9:00〜17:00