ソリューションメニュー

セキュアWebデータ連携ミドルウェア:HULFT-WebFileTransfer

hulft web file transfer banner

プライベートクラウド型のデータ連携基盤HULFT-WebFileTransfer

取引先や海外の拠点と重要なファイルをインターネットでやり取りしなければならない場合、メール添付や他社のファイル交換サービスを利用するのは信頼性とセキュリティに大きな不安があります。HULFT-WebFileTransferは、インターネット経由での安全なデータ交換を実現するプライベートクラウド型のデータ連携基盤です。企業はHULFT-WebFileTransferを備えることにより、HULFT等の信頼性の高いデータ交換手段を持たない社内外の組織との間で、インターネットを経由した安全なデータファイルの交換を行うことが可能になります。

hulft web file transer概要

HULFT-WebFileTransferの利用方法

HULFT-WebFileTransferは以下の3種類のユーザインターフェイスを提供しています

  • 使い易いウェブインターフェイス。ファイル操作に加えてシステム管理を行うことができます
  • Javaベースのコマンドクライアント。リモート環境からコマンドによるアップロード・ダウンロードを実行できます
  • ファイル操作専用のGUIクライアント。使い易いGUI画面からファイルアップロード・ダウンロードを実行できます

※ユーザはWEB APIやブラウザIFを利用して、カスタムクライアントやカスタムウェブアプリケーションを作成することができます

HULFT-WebFileTransferの主な機能

ファイル転送機能

クライアント端末とHULFT-WebFileTransferの間でファイルのアップロードおよびダウンロードが行われます。

転送時のデータ保護

通信経路上でのデータ欠損の有無を検証

保存期間の設定

保存期間(デフォルト30日)を経過したファイルは自動削除

ダウンロード回数の設定

ダウンロード回数が設定回数(デフォルト : 無制限)を超えると自動削除

転送履歴の出力・管理

アップロード、ダウンロードの処理毎にDBに転送履歴が出力

フォルダイベント(ジョブ)の実行

フォルダイベントとは、ファイルのアップロードやダウンロードのタイミングまたはスケジュール設定により、ユーザ設定の処理を自動実行させる事ができる機能です

実行タイミング

  • アップロード実行前/正常終了/異常終了
  • ダウンロード実行前/正常終了/異常終了
  • 時刻指定のスケジュール実行

実行するイベント

  • HULFT連携 : 他のマシンのHULFTとの集配信
  • アプリ連携 : サーバ上のアプリケーションを実行
  • メール連携 : 指定したユーザにメールを送信
  • フォルダ移動 : ファイルを任意のフォルダに移動

※ひとつの実行タイミングで複数のイベントの実行が可能
※イベント実行毎にイベント履歴ログがDBへ出力されます

セキュリティ機能

ユーザ認証

グループIDとユーザID、パスワードで管理、クライアント証明書、組織のユーザディレクトリによる認証も可能

通信経路暗号化

クライアントとHULFT-WebFileTransfer間はSSL/TLSにより保護

保存データの暗号化

アップロードされたデータはサーバ上でAESにより暗号化し保護する事が可能

操作・フォルダ参照権限の設定

システム管理の権限やフォルダへのアクセス権限を設定可能

アクセス制限時間の設定

業務時間帯のみなど時間単位のアクセス制限をアプリケーションレベルで設定可能

操作ログの出力・管理

ログイン・ログアウト・アップロード・ダウンロード、転送履歴削除、管理情報の更新などの各操作を記録

HULFT-WebFileTransferの詳細情報

HULFT-WebFileTransferの詳細な情報については、販売元セゾン情報システムズのサイトをご覧ください。

※HULFT、HULFTロゴは、日本その他の国・地域における、株式会社セゾン情報システムズの商標、または、登録商標です。
その他の会社名及び製品名は各社の商標または登録商標である場合があります。


お問合せ

問い合わせ・資料請求

電話でのお問い合わせ

ソリューション&
インテグレーション事業部

03-5730-8870

受付時間:平日9:00〜17:00