ソリューションメニュー

TCP/IP企業内・企業間通信ミドルウェア:HULFT 8

hulft8 banner

HULFT 8 for NonStop

HULFT8 for NonStopは、完全統合型フォールトトレラントシステム HPE NonStop サーバー版のHULFT8です。HPE NonStopシリーズの最新システム HPE Integrity NonStop X サーバーにも対応し、ミッションクリティカルシステムでのグローバルなデータ連携を実現する製品です。

HULFT8 for NonStopの固有機能

HULFT8 for NonStopは、HULFT8の標準機能に加え、HPE NonStop サーバーのアーキテクチャを最大限に生かす機能追加が行われています。

ひとつのHULFT環境で複数のTCP/IPプロセスをサポート

HULFT8 for NonStopでは、ひとつのHULFT環境内でTCP/IPプロセス毎に集信・要求受付デーモンを稼働させることができます。 また配信処理では論理ホスト毎に使用するTCP/IPプロセスを指定することが可能です。
上記により、NonStop サーバーの複数TCP/IP環境において集配信処理の平行・分散実行が可能となり、ひとつのHULFT環境において スケーラブルな処理性能向上を図ることができます。

hulft8 for nsk 3

プロセス名とCPU番号の指定が可能

HULFT8 for NonStopでは、集信・配信・要求受付デーモンにGuardianプロセス名を指定する事ができます。各常駐デーモンにプロセス名を付与することによりNonStop サーバー上でのHULFTシステムの運用管理が容易になります。
また、集配信処理を行うプロセスの稼働CPUを指定することができます。複数のCPU番号を指定することでCPUはラウンドロビンで使用され、システム内の負荷分散および耐CPU障害を実現できます。

hulft8 for nsk 2

集信前ジョブのサポート

HULFT8 for NonStopは、HULFT標準の「配信前ジョブ」、「配信後ジョブ」、「集信後ジョブ」に加え、集信処理の前にジョブを起動する事ができる「集信前ジョブ」機能を備えています。
「集信前ジョブ」機能は、集信側ホストであるNonStop サーバーにおいて、配信ホストからの配信開始時に登録された業務処理(ジョブ又はプログラム)を実行することができる機能です。起動された集信前ジョブの正常終了後にファイルの集信処理が開始されます。

hulft8 for nsk 1

HULFT 8 for NonStop 製品仕様

製品別稼働プラットフォーム

製品名称

対応OS、プラットフォーム

HULFT 8 for NonStop-NS3X
HULFT 8 for NonStop-NS7X

L15.02以降
HPE Integrity NonStop Xシリーズ

HULFT 8 for NonStop-NB

J06.05以降
HPE Integrity NonStop i NBシリーズ

HULFT 8 for NonStop-NS

H06.05以降
HPE Integrity NonStop i NSシリーズ

※サポートOSバージョンや必要製品など詳しい情報は弊社までお問い合わせください

※「HULFT」その他HULFT関連製品は、株式会社セゾン情報システムズの登録商標または商標です。その他の会社名及び製品名は各社の商標または登録商標である場合があります。


お問合せ

問い合わせ・資料請求

電話でのお問い合わせ

ソリューション&
インテグレーション事業部

03-5730-8870

受付時間:平日9:00〜17:00