ソリューションメニュー

仮想データベースによる企業内情報統合:Attunity Federate

仮想データベース - Attunity Federate

企業内の異種データソースから仮想データベースを作成し EII(企業内情報統合)を実現するミドルウェア

Attunity Federateは、様々なデータソースが混在する企業の情報システムにEII(Enterprise Information Integration、企業内情報統合)を実現するミドルウェアです。
Attunity Federateにより、企業の複数のプラットフォーム上で稼働する複数のデータソースから仮想データベースを構成し、ビジネスユーザが必要とする単一のビジネスビューを提供する事ができます。

Attunity Federate概要

Attunity Federateの特徴

複数の異なる種類のデータソースを結合しユーザが利用可能な仮想データレイヤを提供

Attunity Federateは、企業の中のメインフレームやオープンシステムなど様々なプラットフォーム上にばらばらに存在する異なる種類のデータソースを集約、結合し、ビジネスユーザが利用可能な論理的なデータベース、仮想データベースレイヤを提供します

ユーザはデータの種類を意識することなく透過的なデータ利用が可能

Federateの仮想データベース技術はAttunity Connectのデータアクセス技術をベースに作られているため、ユーザは個々のデータが存在するデータベースの場所や種類を意識する事無く、標準的なSQLにて仮想データベースのテーブルのデータ参照および更新を行う事ができます。

Attunity Federateの主な機能

  • 異なるプラットフォームの異なる種類のデータソースから単一の仮想カタログを生成
  • 複数のデータソースにまたがる分散クエリの最適化処理
  • 非リレーショナルデータベースもリレーショナルマッピングによりサポート
  • トランザクションをサポートした参照および更新機能
  • 標準インターフェイスを提供:JDBC, ODBC, ADO.NET またはXML
  • ANSI SQLを標準とし各種データソースのSQL方言を吸収
  • 構成管理GUI Attunity Studioで複数データソースを一括管理し仮想データベースを構築

Attunity Federate のサポートシステム

Attunity Federateのサポート対象のデータベースやプラットフォームはAttunity Connectと同じです。
Attunity Connectのページを参照してください

※Attunity, Attunity Connect, Attunity Federate, Attunity CDC, Attunity Replicateは Attunity Ltd.の商標または登録商標です。
その他の会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。


お問合せ

問い合わせ・資料請求

電話でのお問い合わせ

ソリューション&
インテグレーション事業部

03-5730-8870

受付時間:平日9:00〜17:00