ソリューションメニュー

企業のデータ・アプリケーションへのユニバーサルアクセス:Attunity Connect

オープンアクセス - Attunity Connect

企業内のレガシーシステム上のデータとアプリケーションへの透過的なアクセスを提供するミドルウェア

Attunity Connectは、企業の情報システムに存在する各種レガシーシステムへのオープンアクセスを可能にするミドルウェアです。Attunity Connectにより、クライアントはレガシーシステムのデータソースやアプリケーションにSQLやXML等の標準インターフェイスでアクセスする事が可能となり、レガシーシステムの情報資産の有効活用やシステム間連携を実現することができます。
また、オプション製品のAttunity Off-Platform Connectorは、VSAMデータベースのオープンシステムへのオフロードを可能とする製品です

Attunity Connect概要

Attunity Connectの特徴

対象データソースの存在場所や種類を意識させない透過的なアクセスを提供

Attunity Connectは、メインフレームからWindowsまで幅広いプラットフォーム上で稼働するリレーショナルデータベース、非リレーショナルデータベース、アプリケーションへの標準インターフェイスによる透過的なアクセス機能を提供します。クライアントアプリケーションは対象のデータソースの種類や存在するプラットフォームを意識することなくアクセスすることができます

各データベースの独自SQL構文を隠蔽し標準ANSI SQLでのアクセスを提供

Attunity Connectは全てのデータソースに対してANSI SQLによる標準アクセスを提供します。ユーザは対象のデータベースが実装する独自SQL構文を意識することなく、標準のANSI SQLでクエリを記述する事ができます

多様なクライアントインターフェイスを提供しアプリケーションの利用が容易

Attunity Connectは、JDBC, ODBC, ADO.NET, JCA, XML 等の標準的なクライアントインターフェイスを提供しており、企業のアプリケーションや各種ミドルウェアと容易に連携する事が可能です。

Attunity Connectの主な機能

SQLデータアクセス機能

  • クライアントインターフェイス:ODBC、JDBC、OLEDB、ADO.NET等のデータベースAPIおよびXML
  • ANSI SQL、分散トランザクション(2PC)サポート、自動コード変換
  • メタデータやディクショナリによる非リレーショナルデータベースへのSQLアクセスの提供
  • クエリのガバニング機能

アプリケーションアクセス機能

  • クライアントインターフェイス:JCA、.NETおよびXML
  • 各種トランザクションマネージャ(CICS、IMS/TM、Tuxedo、Pathway)とXAインターフェイスのサポート

統合管理GUIによる容易な設定・管理

  • 統合管理GUI Attunity Studioにより複数マシンのデータソース・アプリケーションの設定と管理が可能

Attunity Connect のサポートシステム

非リレーショナルデータベース

Adabas、C/D-ISAM、Enscribe、IMB/DB、RMS、VSAM

リレーショナルデータベース

DB2、Informix、Ingress II、Oracle、Oracle Rdb、SQL Server、SQL/MP、Sybase

アプリケーション

COBOL、CICS、IMS/TM、Natural、RPG、Pathway、Tuxedo

プラットフォーム

IBM z/OS, IBM AS/400, HPE NonStop サーバー, HPE OpenVMS, UNIX, Linux, Windows

※サポート対象のデータベースやプラットフォームのバージョンについては弊社までお問い合わせください

※Attunity, Attunity Connect, Attunity Federate, Attunity CDC, Attunity Replicateは Attunity Ltd.の商標または登録商標です。
その他の会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。


お問合せ

問い合わせ・資料請求

電話でのお問い合わせ

ソリューション&
インテグレーション事業部

03-5730-8870

受付時間:平日9:00〜17:00